病は気から。気持ち次第で免疫力もアップ!

親から子へ、子から孫へと受け継がれるのは、大阪城東区の皮膚科を探して家庭の味や教えだけでは無く、近所のかかりつけ医院も、その一つです。緊急時に救急車で運ばれる総合病院や、大きな病の可能性を視野に入れて行く検査器機が伴う病院とは異なり、大阪府下で一番透析していると問診等により早期発見や身体の異常を、私達には解らない医者の目線で診察を基本にしているのが内科医で有り、風邪なのか、流行りのインフルエンザなのか等を判断してくれる、兵庫県下では一番の訪問病院に任せて私達の困った時の駆け込み寺なのが、かかりつけの医院なのです。普通の人々は当たり前ながら医者の知識も病気の判断も自分では出来ません。透析患者さんが災害に備えて日頃から意識することといって少し体調が悪い程度で大きな病院まで行く勇気も有りませんし、待ち時間や余計な検査、要らない薬まで多く出されたりで正直、料金も不安に成ります。けれど、親から小さな頃から連れて来られてる馴染みの医院は、安心出来るのです。何故か、当然ですが、幼い頃から長く見て頂いているので、脳卒中発症後のガイドラインは少しおかしな処が有ると気付いてくれますし、遠慮や恥ずかしさも無く素直に先生に言える信頼関係が構築されているからに他成りません。医は仁術、病も気からと良く言ったもので、医院に来ただけで安心し、身体の痛みも楽に成ります。まして信頼している先生に大丈夫と言われたら気も安らぎ免疫力も、アップします。医学の世界では、当たり前の事らしいですね。大切な、信頼のおける医院は、必ず近くに無くては成らないのです 。